和歌山・紀ノ川に架かる河西橋は廃線跡を再利用!現在、架け替え工事中

河西橋

和歌山にある南海とJRの併用駅「和歌山市駅」。
北側にある大きな川は紀の川といいます。そこに自動車通行禁止、
歩行者やバイクなどだけが通れる長い橋が架かっています。
河西橋です。



現在の南海加太線は紀ノ川駅を経由し 加太駅に向かいますが、かつては、この橋を渡って 加太へ向かっていました。
この橋は貨物輸送にも使われていたそうですが、強度不足により、加太線は南海本線と同じ紀ノ川橋梁を通る路線に変更されました。
それにより、加太線は、少し遠回りとなりました。
その後、1950年のジェーン台風により橋桁が損傷し、そのまま廃橋に。
残された、河西橋の北側の北島駅から東松江駅間の路線はしばらく営業していましたが、1966年に廃止となってしまいます。
河西橋は鉄道橋としては、その役目を終えましたが、和歌山市へ譲渡され、このように道路橋として再利用されています。
いまや生活道路として、歩行者・二輪車専用に利用され、なくてはならない存在となっています。しかし、 台風による被害で 傾いた橋脚が1基、橋自体も老朽化が進んでおり、 現在、架け替え工事が行われています。

2023年に完成するそうです。橋を渡ると廃線跡が続いています。

東松江駅からは、現在の加太線と合流

「東松江駅」からは、現在の加太線と合流します。加太線は、夏には海水浴客で賑わう路線でしたが、年々乗降客が減少してきたため、南海電鉄は現在「加太さかな線プロジェクト」を進行中。グルメや温泉など魅力がたくさん詰まった沿線にユニークな列車「めでたい電車」を走らせて、観光客を呼び込んでいます。

なお、加太線は紀ノ川駅が起点ですが、列車はすべて和歌山市駅に乗り入れています。