「近鉄全線3日間フリーきっぷ」は「週末フリーパス」より、こんなにお得!!

近鉄全線3日間フリーきっぷ

2020年11月4日(水)から発売されている「近鉄全線3日間フリーきっぷ」
通年、近鉄より発売されている「近鉄週末フリーパス」と比べ、乗り放題区間や乗車有効期間(3日間)は同じですが、内容に大きな違いが見られます。

まず値段が「近鉄週末フリーパス」(大人4,200円 こども2,100円)に対し「近鉄全線3日間フリーきっぷ」(大人3,000円 こども1,500円)と大変お得になっています。

わかりやすく違いをまとめました。

「近鉄全線3日間フリーきっぷ」と「近鉄週末フリーパス」の違い

近鉄全線3日間フリーきっぷ近鉄週末フリーパス
発売額大人3,000円 こども1,500円大人4,200円 こども2,100円
有効期間乗車開始日から3日間土日を含むご乗車開始日から3日間有効
※金土日、土日月の曜日でご利用いただけます。
※火曜日から木曜日の祝日はご利用いただけません。
内容近鉄電車全線が3日間乗り放題(生駒ケーブル、西信貴ケーブルを含む。)近鉄電車全線が3日間乗り放題(生駒ケーブル、西信貴ケーブルを含む。)
葛城山ロープウェイ葛城山ロープウェイが50%割引(片道または往復の1回限り)葛城山ロープウェイが50%割引(片道または往復の1回限り)
特典飲料引換券1枚
観光施設での呈示割引特典(各施設1回限り)
発売期間2020年11月4日(水)から2021年2月26日(金)まで
※ご乗車開始日をご指定のうえお買い求めください。
※ご購入は、ご乗車日の1カ月前から前日までに限ります。
※近畿日本ツーリストでは2021年2月25 日(木)乗車開始分まで発売します。
通年
2020年11月6日(金)乗車開始分から2021年2月27日(土)乗車開始分
まで「近鉄週末フリーパス」の発売を停止。
利用期間2020年11月5日(木)から2021年3月1日(月)まで
※2021年2月27日(土)乗車開始分まで発売します。

「近鉄週末フリーパス」もお得なのですが、「近鉄全線3日間フリーきっぷ」のお得さはケタ違いです。

長距離利用でお得!

大阪府・奈良県・京都府・三重県・愛知県の2府3県を結び、総営業キロ程はJRを除く日本の鉄道事業者中最長の501.1kmを擁する近鉄だから、長距離移動が思う存分楽しめます。

普通に切符を買うと

近鉄電車大阪難波から近鉄名古屋間は通常、片道2,410円
大阪難波から賢島間は通常、片道2,350円
近鉄名古屋から賢島間は通常、片道2,010円
近鉄名古屋から京都間は通常、片道2,640円
京都から賢島間は通常、片道2,590円…

片道だけでも十分、1日分(1,000円分)の元はとれます!!
もちろん、特急料金を払えば、特急列車にも乗ることも可能。さらに追加料金を払うと「しまかぜ」「ひのとり」などの最新列車にも乗ることができます。

ケーブルカーにも乗れる!

近鉄といえば、スタイリッシュな特急列車も魅力ですが、ケーブルカーやロープウェイも忘れてはいけません。
西信貴山ケーブル(信貴山口-高安山)往復1,120円
生駒ケーブル(鳥居前-生駒山上)往復740円など普段は乗らないような乗り物にも乗ることができます。

生駒ケーブル


葛城山ロープウェイは50%割引(片道または往復の1回限り)で乗車できます。

志摩スペイン村やあべのハルカスがお得!

また、近鉄沿線の観光施設の呈示割引特典も魅力。
あべのハルカスの展望台や美術館が50%割引。
志摩スペイン村パルケエスパーニャのパスポートも約30%の割引特典があります。

志摩スペイン村パルケエスパーニャ

発売期間は、2021年2月26日(金)まで
利用期間は、2021年3月1日(月)までとなっています。

このお得なチャンス、近鉄全線走破も夢じゃない!?