商店街に廃線跡!?千林商店街、そしてグランシャトー前の京阪電車旧線路敷

野江の七曲りから直線ルートへ

1910年(明治43年)に天満橋 -五条間が開業させた「京阪電気鉄道株式会社」。
開業当時は併用軌道やカーブが多い線形で蒲生(現・京橋駅)ら守口(現・守口市駅)間は通称「野江の七曲り」と呼ばれていました。
「野江の七曲り」とはもともと豊臣秀吉が整備した京街道の一部。
秀吉が敵の陣営を把握しやすいようにと道を狭くし、くねらせて作らせた道です。
併用軌道だった京阪はその上に軌道を敷設したため、同じように「野江の七曲り」の呼ばれるようになったそうです。
京阪は「野江の七曲り」解消のため1931年(昭和6年)にこの区間を直線の専用軌道に改良します。

京阪の旧線は現在の土居駅付近より分岐し、新線のやや西側を通っていました。

土居駅

千林商店街の中に廃駅!?

千林駅

関西の代表的な商店街である「千林商店街」
京阪開通による「森小路停留所」開業とともにできた商店街です。
「野江の七曲り」解消のため1931年(昭和6年)に京阪が専用軌道化されると、商店街の東端である現在の位置に「千林駅」が開業。
「千林駅」駅前には日本で最初のスーパーマーケットであるダイエーの前身「主婦の店ダイエー薬局」が開店し、その後ダイエー千林駅前店となります。(その後閉店)

「森小路停留所」跡には「千林商店街発祥の地」の碑が建てられています。

京阪の旧線は美容室から千林商店街を横切り、住宅がひしめく道路へと続いていました。

グランシャトーの前に廃駅!?

京橋駅

京阪の主要駅である京橋駅。
1910年に開業した初代「京橋駅」は今よりも東の位置にあり「蒲生駅」と呼ばれていました。
「野江の七曲り」解消と同時期の1932年に、国鉄の「京橋駅」近くに移動します。
今のグランシャトー近辺です。

名前を「京橋駅」に代え、国鉄の「京橋駅」との乗り換えに便利な駅になりました。

CMでおなじみのグランシャトー。この前の道が線路敷だったそうです。

旧線の廃線跡はJR大阪環状線の高架下をくぐります。


1969年に「京橋駅」は現在の場所へと移動し、高架駅となります。

これらの改良工事により、スピードアップと大量輸送が実現できました。

千林商店街やグランシャトー前…今では人通りの多い賑やかな道路ですが、京阪電車が通っていたとはもはや想像できない変わりようでした。