北陸新幹線延伸による小浜駅-京都駅間の想定料金が意外なお値段!?

1980年代、芸能界を一世風靡したおニャン子クラブ。会員番号16番高井麻巳子さんの出身は福井県の「小浜市」です。高井麻巳子さんの人気のおかげで「小浜市」の知名度は一気に急上昇?さらに2008年、アメリカ大統領にオバマ氏が就任するとOBAMAフィーバーにより「小浜市」は世界的な知名度を得ました…

「小浜市」の人気は一見、ミーハー的にも思えますが、市内には国宝や国指定の重要文化財が数多く立地し「小京都」「海のある奈良」と呼ばれる歴史的な観光地でもあります。
そして若狭湾で獲れる豊富な魚介類!グルメ好きの穴場としても大人気です。
「小浜市」は関西との繋がりも深いところ。特に京都とは鯖街道によって結ばれていて、鉄道や自動車が普及するまでは若狭湾で獲れた鯖などが徒歩で京都まで運ばれていました。

およそ丸一日で届けられたようです。

深いつながりのある小浜と関西ですが、鉄道での結びつきはあまりよくありませんでした。
小浜から京都へ鉄道で行く場合、敦賀経由で京都へ向かうことになります。
かなり大回りのため湖西線の特急を利用しても所要時間は約2時間。
意外に遠い!?
小浜と関西を結ぶ短縮路線は、明治時代より計画されていました。
小浜線「上中駅」と湖西線「近江今津駅」を結ぶ路線。
この計画路線は後に「琵琶湖若狭湾快速鉄道(若狭リゾートライン)」と名付けられました。
完成すれば「小浜駅」-「京都駅」が半分の約55分で結ばれるという夢のような計画です。
普通列車が1日14往復、快速が大阪駅・京都駅 – 東舞鶴駅・敦賀駅間で1日4往復、特急が大阪駅・京都駅 – 東舞鶴駅・敦賀駅間で1日4往復の計22往復が想定されるなど具体的な計画まで進められていました。
しかし国鉄分割民営化などにより計画はなかなか進まず…。

若狭リゾートライン」の熱も冷めかけてきた2016年、北陸新幹線の敦賀 – 新大阪間のルートがなんと「小浜・京都ルート」に決定!
完成予定は2046年とまだまだ先になりますが、完成すれば小浜 – 京都間がわずか約19分で結ばれるようです。
料金も現在の2,340円(特急料金+運賃)から2,110円(特急料金+運賃)とお得になる予定です!

小浜-京都間のルートは大部分がトンネルの予定。ほぼ一直線となり大幅に距離が短縮されるため、新幹線線の方が現在の在来線よりも安くなるというマジックが生じるのです。

今のところ2,110円(特急料金+運賃)と想定されていますが、2046年の物価がどうなっているかはわかりかねます…

国土地理院地図より編集

北陸新幹線「小浜・京都ルート」が正式に決まったことで「若狭リゾートライン」の計画は当然中止となりました。

さて「小浜駅」の新幹線駅はどこに設置されるのでしょう。福井県議会において「東小浜駅」付近との計画が示されました。地形や住宅地を考慮すると「小浜駅」への新幹線乗り入れは無理のようですね。
「東小浜駅」は「小浜駅」の隣の駅。


1日平均乗車人員は335人の小さな駅です。
やや市街地から離れた場所になるため、アクセスの改良が求められることとなるでしょう。