「どこでもきっぷ」再開で徹底比較!昨年の「どこでもドアきっぷ」と どう違う?

どこでもきっぷ

昨年、発売されたJR西日本乗り放題きっぷ「どこでもドアきっぷ」。JR西日本・九州・四国の新幹線・特急が乗り放題というとてもお得なきっぷでした。あの「どこでもドアきっぷ」が2021年に再び帰っててまいりました!名前は「どこでもきっぷ」。4月に一度発売のアナウンスがありましたが、緊急事態宣言の再発出などで中止に。

そして、この度の緊急事態宣言解除を受け発売されることになりました。

それでは「どこでもきっぷ」と昨年の「どこでもドアきっぷ」、どこが変わったのか見てみましょう!

どこでもきっぷのエリア

JR西日本のホームページより抜粋

「どこでもきっぷ」JR西日本の全線エリアが乗り放題+新幹線・特急列車もご利用になれます(普通車指定席も6回まで利用できます。)。しかし昨年の「どこでもドアきっぷ」では利用できたJR九州・JR四国がエリア外となりました。これはかなりの改悪?です。

同時発売される「JR西日本 関西どこでもきっぷ」関西限定(近畿7県および福井、岡山、鳥取の各県の一部JR線と、智頭急行線全線)です。(2021年春に一度発売されています)

どこでもきっぷの購入場所

3日間用はJR西日本ネット予約「e5489」のほか、JR西日本と福岡県・佐賀県にあるJR九州管内の主な旅行会社。※駅のみどりの窓口では発売しません。
要注意なのは「どこでもきっぷ」2日間用は、旅行会社のみでの販売ということです。

どこでもきっぷの発売期間

2日間用:2021年10月 8日(金)~ 2021年12月18日(土)
3日間用:2021年10月 8日(金)~2021年12月17日(金)
※ご利用開始日の1カ月前の10時から7日前まで発売します。

「どこでもきっぷ」販売期間は昨年の「どこでもドアきっぷ」ほとんど同じですね。

どこでもきっぷのご利用期間

2021年10月15日(金)~2021年12月26日(日)
※2日間用:2021年12月25日(土)ご利用開始分まで発売します
※3日間用:2021年12月24日(金)ご利用開始分まで発売します。

「どこでもきっぷ」の利用期間も「どこでもドアきっぷ」とほとんど同じです。

どこでもきっぷのおすすめポイント

「どこでもきっぷ」「どこでもドアきっぷ」、大きな違いはなんと「どこでもきっぷ」1名様からご利用になれます!これはかなりポイントが高いのではないでしょうか。

どこでもきっぷのおねだん

どこでもドアきっぷ(3日間用)どこでもドアきっぷ(2日間用)どこでもきっぷ(3日間用)関西どこでもきっぷ(2日間用)
おとな(土休日)18,000円12,000円22,000円10.000円
おとな(平日)20,000円15,000円22,000円10.000円
こども3,000円2,000円11,000円5.000円
「こども」のみの発売・ご利用はできません。

そして「どこでもきっぷ」ではグリーン車設定は無くなりました。(但し50歳以上の方に限り旅行会社限定で購入いただける、グリーン車用「西なびグリーンパス」の設定があります)

他にも細かな設定が変わっているようですが、大きな違いはこのような感じとなっています。

いかがですか?「どこでもきっぷ」と昨年の「どこでもドアきっぷ」を比較するとと少し料金が高くなっています。エリアも狭くなりトータルで考えるとやはり「どこでもドアきっぷ」にはかなり見劣りします。(「どこでもドアきっぷ」がお得すぎた!?)

しかし「どこでもきっぷ」の特出すべき点は1人分から購入可能ということですね。「どこでもきっぷ」購入をお考えの皆様、上手に使って楽しい旅をお楽しみください!