東京都

東京都

西板線の路線図と重なるエイトライナー・メトロセブン

西板線計画 1924年(大正13年)、伊勢崎線「西新井駅」と東上線「上板橋駅」を結ぶ目的により「西板線」の計画が立てられました。 1931年(昭和6年)に「西新井駅」 - 「大師前駅」間が開業しましたが、関東大震災などの影響で...
東京都

赤羽緑道公園の廃線跡、そして南北線未成線の歴史

1905年(明治38年)、日清戦争がはじまると小石川の東京砲兵工廠銃包製造所が手狭になったため、十条へと移転されました。これを機に十条・赤羽地区には多くの軍事施設が建てられ、それに伴い各施設の間を結ぶ鉄道も次々と建設されました。 ...
東京都

越中島貨物線…高層マンションと対照的なディーゼル機関車や赤錆びた橋

越中島貨物線とは? 越中島貨物線は1929年(昭和4年)、小名木川による水運物資を各地に運ぶため建設されました鉄道です。小名木川の歴史は古く、江戸幕府を開く前の徳川家康が整備した人工的な河川です。江戸城入城前に徳川家康は、塩を確保す...
東京都

京王井の頭線明大前駅に残る「東京山手急行電鉄」の壮大夢の跡

幻の東京山手急行電鉄 東京の鉄道や高速道路は東京都心から放射状に伸びていくイメージがあります。都心と郊外の移動は便利ですが、郊外から郊外への移動は一度都心に出るというワンクッションが必要になることが多いのではないでしょうか。 ...
東京都

東急東横線高架の廃線跡「渋谷リバーストリート」

地下を走る東急東横線 渋谷駅と横浜駅を結ぶ東急東横線。 渋谷駅の東側、明治通りの下を走る東急東横線は渋谷駅を出ると南へ進み、並木橋交差点を過ぎたあたりで南西へカーブします。 明治通り 地下から地上へと急勾配を駆け上...
東京都

都電「恵比寿長者丸線」廃線跡と未成線

都電恵比寿線(天現寺橋-恵比寿長者丸) 東京にお住まいの方でも、その過去を知る方はほんの一握りではないでしょうか。都電恵比寿線が天現寺橋から恵比寿長者丸を結んでいました。都電恵比寿線は、1913年4月27日(大正2年)に恵比寿(伊達...
東京都

万世橋駅、飯田町駅、牛込駅…都会に残る廃駅「中央本線遺構めぐり」

万世橋駅 1889年(明治22年)4月11日、(立川-新宿間)を開通した甲武鉄道。 都心へのさらなる延伸を目指し、1894年(明治27年)10月9日に(新宿-牛込間)を開業。 翌年、1895年(明治28年)4月3日に(牛...
東京都

北王子線廃線跡が再開発のため撤去へ…マンション群の中の貴重な鉄道遺産

国鉄北王子線とは? 王子製紙の専用鉄道として存在していた王子駅と下十条(現在の北王子駅)を結ぶ国鉄北王子線、国鉄線として開業する以前に王子製紙の専用鉄道として存在していました。王子六丁目付近に陸軍造兵廠が設置され、弾薬輸送が行われる...
東京都

王子のちんちん山児童遊園に残る石組みのアーチ…その正体は?

東京・王子駅周辺には、多くの廃線があります。東北本線の貨物支線である「北王子線」は田端信号場駅 と北王子駅間が2014年に廃止になったばかりですので、レールや踏切が残っていて、とてもわかりやすい廃線跡となっています。そして、東北本線の上を...
兵庫県

都会の片隅にひっそり残る港の廃線跡、復活はあるのか?

運送業が現在のようにトラック輸送が主流になる前は、貨物列車がその一翼を担っていました。貨物列車全盛時は東京、横浜、名古屋、大阪、神戸など、重要な港周辺に多くの貨物線が存在し、線路が張り巡らされていました。しかし貨物輸送は、鉄道からトラック...