廃線「旧北陸本線トンネル群」を自動車で駆け抜ける

北陸本線旧線跡

東海道線の支線として、「長浜駅」から「敦賀駅」まで開通した鉄道が1896年には「福井駅」まで開通。「長浜駅」-「福井駅」間の路線は北陸線と命名されました。「敦賀駅」-「今庄駅」間の旧線は現在の路線とは異なり、険しい山地を避けるように敷設されました。「敦賀駅」を出た旧線はしばらくは現在の北陸本線と同じ線路を辿りますが、北陸自動車道をくぐると北陸本線から逸れます。木の芽川に沿いの国道476号線が廃線跡となります。

樫曲トンネル

樫曲トンネル

再び北陸自動車道と交わるあたりで、国道476号線と離れ北陸自動車道に並走する道路が廃線跡となります。

葉原トンネル

葉原トンネル

葉原トンネルは一車線のため、信号の指示による片側通行が交互に行われます。

杉津駅跡(杉津パーキングエリア)

杉津駅跡

「杉津駅」跡は北陸自動車道の杉津パーキングエリアとなっています。

眼下には敦賀湾が広がります。

「杉津駅」からは、北陸自動車道から離れトンネルが続く県道207号線へ。

旧山中信号所跡

険しい山地を避けている旧線ですが、それでもきつい勾配があります。
ここ旧山中信号所跡には、スイッチバックの名残が観られます。

旧山中信号所跡

大桐駅跡

鹿蒜川に沿って進むと「大桐駅」跡です。

大桐駅跡

「南今庄駅」付近で新線に合流します。

南今庄駅付近

この道のりを時間をかけて走り抜けた旧線。
1962年に北陸トンネルが開通し、新鮮に切り替わると敦賀駅から今庄駅間の所要時間は約15分となり、1時間以上の短縮となりました。

旧線に残されたトンネル「旧北陸本線トンネル群」は、近代化遺産として評価され、土木学会の選奨土木遺産に選定、また国の登録有形文化財にも登録されています。