何度目の駅名改称!?西武鉄道「多摩湖駅」が再び戻ってくる!

西武園ゆうえんちリニューアル

2021年にリニューアル予定の西武園ゆうえんち。

来場者数の減少に歯止めをかけV字回復を行うため大きなテコ入れが行われます。

再建を手がけるのは森岡毅氏。あのユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の立て直しに成功された方で有名です。

リニューアルコンセプトは「1960年代の懐かしさ」。園内には、昔懐かしい町並みを再現されるとともにアトラクションなども新設され、昭和世代はもちろん全世代楽しめるテーマパークとなるようです。

「遊園地西駅」が「西武園ゆうえんち駅」に

そして、西武園ゆうえんちリニューアルに伴い、西武鉄道の駅名も改称されることになりました。

現在の西武鉄道山口線「遊園地西駅」が「西武園ゆうえんち駅」に変わります。
西武園ゆうえんちのリニューアル後はこちらがメインゲートになる予定です。

遊園地西駅

「西武遊園地駅」は「多摩湖駅」

そして、「西武遊園地駅」は「多摩湖駅」へと変わります。
この駅が「多摩湖駅」と名乗るのは2回目となります。
歴史を遡ると…
多摩湖鉄道により1936年(昭和11年)12月に開業した「村山貯水池駅」
1940年(昭和15年)に武蔵野鉄道に吸収合併され「狭山公園前駅」と改称します。

「多摩湖駅」改称の歴史

その後、武蔵野鉄道は西武鉄道に吸収されます。
1951年(昭和26年)9月に「多摩湖駅」と改称。これが1度目の「多摩湖駅」

1961年(昭和36年)に現在の位置に移動。
1979年(昭和54年)3月に「西武遊園地駅」と改称されました。
そして2021年3月に再び「多摩湖駅」が戻ってきます。

多摩湖といえば、2020年3月に亡くなられた志村けんさんの「東村山音頭」を思い出します。
東村山の名前を全国に広めた不朽の名曲。
改称される「多摩湖駅」は東村山市の西端に位置し、歌詞の通り庭先はまさに多摩湖です。
2021年3月…志村けんさんの一周忌を迎え「多摩湖」の名が再び駅名に戻ってくることは何かの縁を感じずにはいられません。

多摩湖(村山貯水池)