南海天王寺支線廃線紀行〜昭和のムード漂うレトロ旅〜

南海天王寺支線

「天王寺駅」から大阪市西成区にある南海本線の「天下茶屋駅」を結んでいた南海天王寺支線。
大阪市営地下鉄堺筋線の「天下茶屋駅」延伸により「天下茶屋駅」から「今池町駅」間が1984年に廃止され、残った「今池町駅」から「天王寺駅」間も1993年に廃止されました。

「天王寺駅」という大ターミナル駅と接続したにもかかわらず廃止となった理由は、南海電車の利用者にとって「天王寺駅」よりも「新今宮駅」で乗り換えるほうが便利だったからのようです。

ディープな大阪の下町を走り抜ける、ユニークな路線でした。廃線は大変残念です。
その名残を惜しむべく散策してまいりました。

「天王寺駅」。JR大阪環状線に沿う南海天王寺支線跡は少し進むと南西方向に分岐します。

廃線跡は今はきれいな公園となっています。

飛田本通駅跡

動物園前商店街の1番街と2番街の間を走っていたようです。
このあたりに「飛田本通駅」跡があります。

開業当初、この駅は存在していませんでした。「天下茶屋駅」から「今池町駅」間が廃止になったことで乗客減少を防ぐため、商店街に便利なこの場所に駅を設置することになりました。しかし、隣の「今池町駅」と近く、また地下鉄の「動物園前駅」にも近いので、乗降客は少なかったそうです。

堺筋をはさんで向かい側に大阪では知らない人はいないという超激安店「スーパー玉出」があります。その横に廃線跡は続いています。

今池町駅

阪堺線の高架下をくぐるとそこは今池町駅跡。

ここからは、もう一つの廃線、南海平野線が分岐していました。南海平野線は「今池停留所」から平野区の「平野停留所」を結んでいました。こちらも大阪市営地下鉄谷町線「天王寺駅」-「八尾南駅」間延伸により1980年に廃止されました。

そして、その先には萩之茶屋南公園、通称三角公園。

高架が見えてくると「天下茶屋駅」。南海本線と合流します。

廃線沿線には地元の住民の他、下町の雰囲気を味わうことを目的とした観光客もチラホラいらっしゃいます。

この路線の現役当時は、本線から天王寺駅への直通列車も走っていたそうです。今でも現役ならば、JRに対抗して、天王寺駅から関西国際空港への特急が走っていたのでしょうか。

付近にある商店街も昭和ムード。どこか懐かしさを感じるレトロな散策でした。このあたり、これからもっと外国人観光客が増えそうな予感がします。