蒜山を目指した鳥取県の倉吉線、志半ばで廃線に…

国鉄倉吉線

倉吉線は、倉吉市の「倉吉駅」からの「山守駅」までの20kmを結んでいた国鉄(現・JR)の路線です。
1903年、山陰本線が開通した当初、「倉吉駅」は町外れにあり、市街地である打吹周辺にとって不便な場所でした。
この不便さを解消するために敷設されたのが倉吉駅と市街地を結ぶ倉吉軽便線です。山陰本線の初代「倉吉駅」は「上井駅」と改称し、市街地に設けられた駅が「倉吉駅」と名乗ることになりました。
1922年に倉吉軽便線は倉吉線となります。
倉吉線は1941年に、関金温泉近くにある「関金駅」、1958年にはさらに「山守駅」へと延伸。
1972年に「上井駅」は再び「倉吉駅」へと改称され、二代目「倉吉駅」は、「打吹駅」へと改称します。
倉吉線は中国山地を越えて姫新線の中国勝山駅まで延伸する計画もあったそうですが、モータリゼーションの波に押され、1985年3月31日に廃止となりました。

打吹駅跡の倉吉線鉄道記念館


「打吹駅」のあった場所には、倉吉線鉄道記念館が建てられ、隣には蒸気機関車が保存されています。

倉吉線鉄道記念館の館内は当時の写真パネル、信号機、ディーゼル機関車等が展示されています。

関金駅跡

「関金駅」周辺。「泰久寺駅」に向かう廃線跡は農道に転用され、当時の面影はありません。

終点近くの泰久寺駅と山守駅間には、当時を偲ばせる廃線跡が多く残っています。泰久寺駅から山守駅間にある山守トンネルは通常は閉鎖されていますが、地元観光協会によるトレッキングツアーに申し込めばトンネル内を歩くことができるようです。