三重県

三重県

伊勢電気鉄道の鉄道遺構をめぐる(大神宮前駅と2本のトンネル)

四日市〜津新地間を開業させた伊勢電気鉄道は、着々と路線を延ばし1929年(昭和4年)には四日市〜桑名間開業、1930年(昭和5年)4月に津新地〜新松阪間開業、12月に伊勢神宮外宮近くの大神宮前駅まで延伸しました。 伊勢電気鉄道の鉄道...
三重県

桑名電軌の廃線跡とユニークな踏切!鉄道ネタの宝庫「桑名」

東海道五十三次の宿場町「桑名宿」。お隣の宿場町「宮宿」からは東海道唯一の海路「七里の渡し」で結ばれていたため、宿場町は船着場近くの揖斐川沿いに栄えていました。 七里の渡し 明治時代に入ると、鉄道が桑名の街を通ることになります。...
三重県

明治時代の貴重な遺産を巡る!関西本線「加太駅」鉄道遺産ウォーキング

関西本線は1890年(明治23年)名古屋と大阪を結ぶ関西(かんせい)鉄道の路線として開通しました。名古屋と大阪間には東海道本線も通っており、ライバル路線として競い合っていましたが、東海道新幹線、名神高速道路の開通や近鉄特急のスピード化によ...
ニュース

伊勢志摩3水族館のひとつ、近鉄資本の志摩マリンワールド営業休止へ…

志摩マリンランド営業休止へ 近鉄グループの水族館「志摩マリンランド」。1970年3月に開館し、伊勢志摩の観光拠点として愛されてきましたが2021年3月をもって営業休止となるようです。 志摩マリンランド 大阪万博を機に伊勢...
三重県

伊賀鉄道廃線跡は近鉄大阪線伊賀上野駅から名張駅へ(後編)

珍しいトンネル 前回訪れた、伊賀鉄道伊賀線。伊賀神戸駅から美旗新田駅へと向かう廃線跡は、徐々にぬかるみや藪が増えてきたため途中で断念せざるを得ませんでした。 前編からの再チャレンジ。 それならばと反対から回り込むことにし...
三重県

こんなところに廃駅が!?「旧・東青山駅」へのルートを徹底解説

廃駅「旧・東青山駅」へ 最高に冒険心をくすぐる廃駅「旧・東青山駅」を紹介します。かつて三重県津市白山町垣内にあった近鉄大阪線の駅です。スピードアップと輸送力強化のため、近鉄大阪線西青山駅〜榊原温泉口間が改良されることになり、新青山ト...
三重県

名松線の未成線区間、夢が途絶えたその痕跡

名松線の名前の由来 近鉄電車なら特急で約36分、急行でも約37分の所要時間で結ばれている三重県の名張-松阪間。近鉄電車がこの区間を開通する以前、別ルートで松阪駅から名張駅を結ぶ計画がありました。現在のJR名松線です。路線名は名張と松...
三重県

三重電気鉄道松阪線(松電)廃線跡の醍醐味は未舗装区間!?

三重電気鉄道松阪線 1912年(大正元年)に開業して以来、約50年間営業していた三重電気鉄道松阪線。 1964年(昭和39年)12月に廃止となってからかなりの年月を経ているため、目立った痕跡は残っていないようですが、その廃線跡...
三重県

伊勢電気鉄道の鉄道遺構をめぐる(善光寺カーブ〜高田本山〜松阪)

伊勢電気鉄道 桑名から伊勢へ結ぶ近鉄線の礎を築いた伊勢電気鉄道。 国土地理院地図より編集 三重県内に残る数々の廃線跡を紹介します。 善光寺カーブ 四日市付近の善光寺カーブ。鉄道路線でありながら、半径100mと...
三重県

津興橋の架け替え工事、消えゆく近鉄道路の鉄道遺産

伊勢電気鉄道 伊勢電気鉄道は、大正から昭和初期、三重県地方を中心とする路線を保有した鉄道会社です。 1915年(大正4年)9月に一身田町 - 白子間を部分開業して以来、徐々に路線を拡大し最終的には、本線(桑名駅 - 大神宮前駅...