お得すぎ!鶴ヶ島市のふるさと納税返礼品といえば「鉄道模型」の理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気のふるさと納税

2008年(平成20年)よりスタートしたふるさと納税は、全国の自治体の活性化に大きな役割を果たしています。

AC写真より

ふるさと納税は、出身地や応援したい地域など、好きな自治体に寄付(ふるさと納税)できる制度。ふるさと納税を利用すると、実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)でその地域の返礼品がもらえる大変お得な制度です。

全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安 ※総務省ホームページ参照)
ふるさと納税を行う方
本人の給与収入※1
独身又は
共働き※2
夫婦夫婦+子1人
(高校生※3)
共働き+子2人
(大学生と高校生※3)
350万円34,00026,00018,0005,000
400万円42,00033,00025,00012,000
500万円61,00049,00040,00028,000
600万円77,00069,00060,00043,000
700万円108,00086,00078,00066,000
800万円129,000120,000110,00085,000
900万円152,000143,000132,000119,000
1000万円180,000171,000157,000144,000
自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される、ふるさと納税額の目安一覧(平成27年以降)です。
ふるさと納税を行う方の給与収入と家族構成別で表にしていますので、参考にしてください。
全額控除されるふるさと納税額の年間上限を超えた金額については、全額控除の対象となりませんのでご注意ください。
※掲載している表は、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない給与所得者のケースとなります。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている給与所得者の方の控除額上限は表とは異なりますのでご注意ください。
※社会保険料控除額について、給与収入の15%と仮定しています。
※掲載している表はあくまで目安です。具体的な計算はお住まい(ふるさと納税翌年1月1日時点)の市区町村にお問い合わせください。
(ただし、お住まいの自治体によって、控除の対象となるふるさと納税額の上限はお答えできない場合があります。控除上限額については下記に掲載している表や「寄附金控除額の計算シミュレーション」もご利用ください。)
※1
「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が201万円超の場合)
※2「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。
※3「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。
※4中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

総務省ホームページ

控除を受けるには、確定申告が必要。ただし、給与所得者などは、条件次第で「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できます。この制度を利用して申請すると、確定申告が不要となり簡単にふるさと納税ができます。

各自治体は、地域の地場産品やサービス券など数々の返礼品を用意して、町の魅力をアピールしています。

鶴ヶ島市のふるさと納税の返礼品、主流は鉄道模型!?

埼玉県鶴ヶ島市のふるさと納税の返礼品には鉄道模型があります。小さなお子様から鉄道ファンまで注目する人気の返礼品となっています。

なぜ、鶴ヶ島市のふるさと納税の返礼品は、鉄道模型なのでしょう?

鉄道模型「Nゲージ」の大手メーカー「KATO(カトー)」ブランドで有名な関水金属。鉄道好きの加藤祐氏が創業した会社です。東京都文京区道町に工場を興したことから関水金属彫工舎と名付けられました。


1997年(平成9年)、埼玉県鶴ヶ島市に新金型工場(埼玉工場)を竣工。
2024年(令和6年)度内の完成に向けた新工場建設に合わせ、鶴ヶ島駅周辺に「鶴ヶ丘児童公園」と「同社工場敷地内の緑地」を一体的に整備した新たなテーマパーク「(仮称)Nゲージとガーデンパーク」を開業予定です。

このように鶴ヶ島市と関わりの深い「KATO(カトー)」。鶴ヶ島市のふるさと納税の返礼品にラインナップされると「KATO(カトー)」の鉄道模型はあっという間に大人気となりました。2021年(令和3年)、鉄道模型を返礼品に選ばれた割合は、寄付総額約2億2700万円の内、なんと85%も占めています。

なぜ、返礼品の鉄道模型が人気なの?

返礼品の鉄道模型は、届いたその日から楽しめる車両・線路・コントローラーがセットとなった初心者用のスターターキットもありますので、初めて鉄道模型に触れる方でも楽しめるようになっています。
懐かしの列車から最新の列車まで種類は豊富。こんな魅力的な鉄道模型が実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)で手に入るなんて夢のような制度ではありませんか。

ふるさと納税の返礼品「KATO(カトー)」の鉄道模型紹介

鶴ヶ島市のふるさと納税の返礼品「KATO(カトー)」の鉄道模型の一部をご紹介いたします。

DD51 800番台 (寄付金30,000円)実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)

国鉄のディーゼル機関車の代表格「DD51」のNゲージの鉄道模型車両です。
赤いボンネットが特徴的なフォルム。1962年の誕生以来、四国を除く全国で、貨物列車から旅客列車まで幅広く利用されました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

【ふるさと納税】F010-22 Nゲージ[今や貴重なボンネットスタイル。DD51 800番台(動力付き)]
価格:30000円(税込、送料無料) (2022/8/31時点)

 

楽天で購入

 

 

 

2022年(令和4年)現在、国内にはわずか10両の在籍となっています。

鉄道模型には、「DD51 895」のナンバープレート。
「DLぐんま よこかわ」「DL碓氷」のヘッドマークも付属されています。

C57蒸気機関車(寄付金50,000円)実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)

「貴婦人」の名で親しまれた蒸気機関車「C57」のNゲージの鉄道模型車両。
「C57」は、JR西日本では現在もSLやまぐち号の運転に使用されており、その美しい車体は今でも鉄道ファンの心を惹きつけています。
返礼品として届けられるセットは、スノープロウを取り付けた特別仕様となっています。

0系新幹線(寄付金70,000円)実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)

東海道新幹線開業時に登場した初代新幹線、0系新幹線のNゲージ。
丸みを帯びたフォルムがユーモラスですが、デビュー時は「夢の超特急」と謳われていました。
6時間30分かかっていた東京~大阪間を4時間で結んだ0系新幹線は、後継機に主役を譲りながらも半世紀以上活躍。

鉄道模型には、車体番号や号車番号も緻密に再現され、ライト類も本物のように点灯します。

JR九州885系(寄付金70,000円)実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)

長崎本線の特急「かもめ」として登場した885系。現在は日豊本線の特急「ソニック」にも使用されています。車両は鉄道デザインで有名な水戸岡鋭治主宰のドーンデザイン研究所が担当。JR九州の車両では珍しい白いカラーで統一され、爽やかな印象です。営業開始後から20年以上経ちますが、全く古さを感じさせないデザインです。

E5系とE6系セット(寄付金80,000円)実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)

JR東日本が所有するE5系とE6系のNゲージ鉄道模型車両。
東北・北海道新幹線「はやぶさ」などに使用されているE5系は鮮やかな「常盤(ときわ)グリーン」が特徴のカラーリングです。
秋田新幹線「こまち」に使用されているE6系のデザインはフェラーリのデザインも手がけた工業デザイナー 奥山清行氏の監修。「なまはげ」をイメージした赤色のカラーリングが特徴的です。この2種類の人気新幹線の鉄道模型がセットとなった返礼品。各先頭車に連結機構が搭載されているため、実車さながらに連結しての走行も楽しめます。

E351系「スーパーあずさ」(寄付金100,000円)実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)

中央本線の特急「スーパーあずさ」として活躍したE351系のNゲージ。E351系は、2018年(平成30年)の引退後、その役割をE353系に譲りましたが、今でも懐かしむ声が聞かれます。JR東日本で初めて制御付き自然振り子式構造が採用された列車。低重心の設計によるやや台形に近いフォルムが特徴です。紫と白のカラーリングも斬新な列車でした。

鉄道模型は実車と同じ12両編成です。

 

285系3000番台<サンライズエクスプレス(寄付金150,000円)実質自己負担額2,000円(条件によって異なります)

東京~高松間の「サンライズ瀬戸」、東京~出雲市間の「サンライズ出雲」として運行されている285系。
国鉄昼行特急色を彷彿するカラーリングは夜明けの明るいイメージがコンセプト。JR線を走行する唯一、定期運行を行う夜行列車として人気の列車です。

返礼品の鉄道模型には、走行用線路一式のセットされているため、届いたその日に運転が楽しめます。

 

このラインナップにときめかない鉄道ファンがいるはずはありません!?鶴ヶ島市の返礼品の人気の理由がよくわかりました。ご自身の収入や家族構成を考えて「KATO(カトー)」の鉄道模型をお得に手にいれて見ませんか。

部屋に飾るだけでも素敵な鉄道模型、もしかしたら、これを機会に鉄道模型の世界にどっぷりはまってしまうかも!?