JR東日本エリアから攻めるJR西日本「どこでもきっぷ」攻略法

2021年秋、乗り放題きっぷで話題のJR各社!特に西日本ではJR西日本の「どこでもきっぷ」、JR四国「四国DC満喫きっぷ」、JR九州「みんなの九州きっぷ」などお得なきっぷがズラリ!

JR西日本どこでもきっぷJR西日本関西どこでもきっぷみんな九州きっぷ(全九州版)みんな九州きっぷ(北九州版)四国DC満喫きっぷ
有効期間3日間2日間2日間2日間3日間
価格(大人)22,000円10.000円15,000円8,000円デジタルチケット 9,000円
紙のきっぷ 10,000円
フリーエリアJR西日本全線と智頭急行線、JR西日本宮島フェリー敦賀、米原、柘植、新宮以西、鳥取、津山、総社、倉敷以東のJR西日本全線と智頭急行線九州新幹線全線と、⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含む、JR九州全線九州新幹線(博多〜熊本間)と⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含む豊肥本線以北のJR九州全線および⿅児島本線(熊本〜宇⼟間)・三⾓線全線(宇⼟〜三⾓間)JR四国線、土佐くろしお鉄道線やジェイアール四国バスの路線バス(高速バスを除く)
※詳しくはJR各社のホームページをご確認ください。

エリア内ならお得な料金で特急も新幹線も乗り放題という夢のようなきっぷ。鉄道ファンをはじめ旅行好きの方から大注目、エリア外にお住まいの方からも「羨ましい!」との声がチラホラ。
特に人気はJR西日本の「どこでもきっぷ」
利用エリアがJR東日本エリアやJR東海エリアと隣接、エリアも広く新幹線にも乗れるためJR西日本エリア外から利用予定の方も多いようです。

JR西日本エリア以外の方が利用するために注意していただきたいのは、予約後にJR西日本エリア内で発券しなければならないことです。
これがなかなか難関!?のようです。

「どこでもきっぷ」のきっぷの効力注意書きによりますと

「e5489きっぷ」で購入したきっぷは、必ず受取の上、ご利用ください。受取はきっぷ有効期間開始日まで可能です。上越妙高駅・亀山駅などJR西日本以外の駅や、受取設備のない駅ではきっぷの受取ができませんので事前に受取可能駅をご確認ください。
※受取せず乗車開始された場合は、別途乗車区間に必要な運賃・料金をお支払いいただきます。

とのことです。


例えば「上越妙高駅」。JR西日本とJR東日本の境界駅ですが、JR西日本の「どこでもきっぷ」の発券は不可。「糸魚川駅」まで行かないと発券することはできません。
また大糸線「南小谷駅」もJR西日本とJR東日本の境界駅ですが、「e5489サービス」非対応のため発券はできません。
やはりこちらも「糸魚川駅」で発券することになります。

そこでJR東日本エリアからのJR西日本「どこでもきっぷ」攻略法!JR東日本エリアではお得な「えきねっとトクだ値」が発売されています。今なら期間限定のお得な割引料金もありますので、「えきねっとトクだ値」「どこでもきっぷ」の合わせ技でお得なプランが楽しめるようです。

設定区間通常価格
(新幹線eチケット)
えきねっとトクだ値
乗車当日までのお申込み
10%OFF
お先にトクだ値
13日前までのお申込
30%OFF(期間限定)
お先にトクだ値スペシャル
20日前までのお申込み
50%OFF(期間限定)
東京-糸魚川11,000円9,900円7,700円5,500円
「新幹線eチケットサービス」での「乗車券+指定席特急券」のセット価格(片道/おとな1人/通年同一価格)となります。
通常価格は「新幹線eチケットサービス(基本)」の通常期の発売額となります。「こども」価格の設定もあります。
各商品はすべて「列車・席数・区間」が限定されております。また、「お先にトクだ値」「お先にトクだ値スペシャル」は設定期間が限定されております。※詳しくはJR東日本のホームページをご確認ください。

プラン次第では、JR西日本エリアまでの日程や運賃をプラスしてでも乗る価値のある「どこでもきっぷ」。今後このようなきっぷが発売されるかどうかはわかりません。2021年秋、休暇が取れるならばぜひともこのお得なきっぷのご利用をオススメします!

このに掲載させていただいたプランは一例です。他にもお得な方法がありましたらぜひご一報をお願いします!